命を守る選択|乳癌を治療する方法はたくさん存在する

女の人

ステージ別のケア

医者

美容マッサージ

乳がんがリンパ節にまで広がり、外科手術で切除した場合にはリンパ管の流れが途絶えてしまい、リンパのむくみに繋がります。乳がんの回復だけではなく、女性にとっては乳房再建などの美容面を意識したいために、むくみケアのマッサージなどはリラクゼーション効果も生まれるために評価されています。そのまま放置しても自然にむくみが取れることはないため、ケアは必須です。リンパを押し流す方法が適切で、腕が細くなる魅力やマッサージすることで肌艶が良くなったり、刺激を加えることでメリハリを付けることが可能な点でも美意識を高める女性から評価されている理由の1つです。リンパ浮腫は疲れも大敵であり、疲労も専用技師の手技で回復させられます。

家族との時間を作る

再発や転移なく、予後が送れることが求められる三大疾患の1つががんですが、乳がんでも治癒が期待できない遠隔転移も実情として挙げることができるがんステージの1つです。しかしながら、延命と症状の緩和に繋げることができるのが抗がん剤による治療です。医師の判断はもちろん、本人の希望によって薬の毒性を少なくしながら、延命を図ることを求めることができます。遠隔転移は治らないとは一概に言えず、例外も確認されており、自然治癒力や家族の支えなどが力となり、スピリチュアルな作用が長期生存に繋がるケースも乳がんの体験談から見聞きされる内容です。また、ホスピスの数も増え、在宅ホスピスという選択も評価されており、外科病棟での疎外感がなくなり、家族との時間を多くもてるのもポイントです。