命を守る選択|乳癌を治療する方法はたくさん存在する

メンズ

外科手術による療法

女性

十分な余裕は必要

乳房温存療法は女性側が理想とする治療ですが、切り取った乳腺の端に癌がないことを確認する外科治療において、癌は必ずしも連続して広がっているわけではなく、検査では残った乳房の方を調べない限り、正確な判断がつけにくい難点も挙げられています。ですが、乳癌に関しては放射線治療による感受性が非常に高い魅力もあり、あまり大きな塊でなければ残されたわずかな癌のコントロールは十分可能な点も挙げられています。気を付けたいのは、十分な余裕をもって乳癌を切除することにあり、放射線を照射しなくても再発リスクを抑えることに繋がります。温存することでリスクが高まる場合もある点にも注意する必要があり、また、高齢者の場合には生命予後などを考慮した考えでの治療法なども十分話し合う必要が挙げられます。

補助療法の必要性

現在、外科において最新鋭の設備や技術、知識による乳癌の治療が展開されており、再発を抑えた生存率の高さが注目されています。また、手術が終わっても液窩や乳腺を切除した部分に体液が溜まるために、必要に応じて針での吸引が行われます。この間に、乳癌検査の結果も出揃うケースは多く、傷の処置をしながら術後の治療方針を医師と一緒に決めていく流れが展開されています。具体例としては、放射線またはホルモン剤、抗がん剤などを用いるか否かで、方法や順番なども相談し、補助療法を行うことによって再発率は格段に下げられる内容です。外科において、むやみやたらに治療を行うのではなく補助治療には副作用もあるために、どの条件がもっとも負担にならないのかを図ってくれるのも特徴の1つです。

急激に増えてきたがん

看護師

大腸がんは日本人に増えてきているがんで、今後もさらなる患者数の増加が予想されています。食生活の変化が増加の原因とされており、症状に気付きにくいため、発見に遅れてしまう場合が多いです。腸内の状態を早めに知るためにも、定期的に検査を受けていくことがおすすめです。

詳細を読む

ステージ別のケア

医者

乳がんは必ずしも回復するとは言えず、転移や再発によって命の危機も実情として挙げられているため、予後の過ごし方もポイントとなります。また、女性にとっては胸は美的にも悩まされる部位で、後遺症が現れることもあるため、アフターケアも必要とします。

詳細を読む

副作用のないがん治療法

女性

NK療法は、ナチュラルキラー細胞を活用した副作用のない治療法です。自身の体内から細胞を取り出し培養し数を増やし再び体内に戻すという治療の流れになります。抗ガン剤治療と併用することで効果が期待できます。

詳細を読む